転職

一度落ちた会社から連絡があったとき入社する?!

必死になって採用試験を受け1次・2次と面接を通過し「もうここしかない、ここに入りたい」と思った会社から不採用通知が届いたらショックです。しかし「良かったら面接を受けませんか?!」としばらく経ってから連絡が入ることがあります。

そんなとき、違和感を覚えながらも私たちは嬉しくなりますよね。あなたはその会社の面接を受けますか?!今回は一度落ちた会社から「会いたい」と連絡があったらどうするか?!について考え、自分にとって幸せな転職方法をご提案します。

一度落ちた会社から連絡があってもNOと言うべき

はじめに私個人の意見を申し上げると「NO」です。私は連絡があっても面接を受けに行きません。価値観はそれぞれですが、採用試験に一度落ちた会社から連絡があるなんて、自分に不利な何かがあるとしか感じないからです。連絡をしてくる理由として下記のことが考えられます。

  • 本命の人材に辞退された
  • 本命の人材が少し働いた後に退職する意向を示した
  • 募集していた部署とは異なる部署で欠員ができ穴埋めに呼ばれた

採用試験には定員とボーダーラインがありますよね。接戦で絞り込み最後に1人か2人に決めます。しかし、内定を出した人材が必ずしもその会社に入社するとは限りません。入社する意向を示しておき食事会や新人研修後に辞退するというケースもあり、そんなとき落とした数人に声をかけるという話は聞きます。

また、本命の人材が試用期間で退職するというケースもあります。さらに、募集していなかった部署で急に欠員ができ「さてどうしようか」「この前落としたあの子いるじゃん」と都合良く連絡をしてくるケースもあります。

不採用になり、諦めた会社から連絡がくるのは必要とされているのだから嬉しいことなのですが、会社側に不都合なことが起こったから呼ばれたのです。揺れる気持ちはとてもわかるけれど、逸材が入るまでの繋ぎのような役割にされている、都合の良い駒ではないかと思いませんか?!

人事の仕事をしている知り合いが「就職(転職)は結婚とよく似ていて、一度ご縁がない人とはやはり縁がないんだよ」とよく言っています。面接で「違うな」と思うから不採用にするのですが、上層部から「この子入れといて」と指示され内定にすると、やはり数年で退職されるそうです。

お互いにとって良くないですよね。

単に業務委託によるミスもある

転職サイトにはスカウト機能があり、多くの方が登録されていますよね。この機能を使って自社に合いそうな候補者を業務委託している会社にピックアップさせ、一斉にスカウトしてくることがあります。この場合、過去に不採用になった人材が紛れていても業務委託され作業を行っている会社はわかりません。

つまり採用側が知らないところでスカウトしているという可能性があり、これは悪気がないのですが、こちらとしては嫌な感じですよね。

本当にあなたが必要で連絡してくる会社もある

下記のような会社は一度落としたけれど「やっぱり来てほしい」とあなたを求め連絡をしてくるケースがあります。

  • ベンチャー系
  • 外資系
  • サービス業
  • 医療関係

ベンチャー企業や外資系の企業は採用についての規定を設けていない場合が多く、一度不採用にした人材に連絡を入れるケースがあります。特に急成長している小さな会社に大きな仕事が入ってしまうと、いまの人手では回らず早急に人材を確保する必要があります。

またサービス業や医療関係の仕事は圧倒的な人手不足、一度落としたけれど「やっぱりあの人材は必要だった」と連絡をしてくることがあります。

こういった本当に人材が必要な会社は悪意があるわけではありません。ただ、次の項目でご説明しますが、都合の良いように使いたい、人を駒のひとつとしか考えないような会社もあるので、心が揺らいでもまずは一息ついて慎重に考える必要があります。

一度落としたのに連絡してくる会社はブラック企業の可能性もある

連絡してくる会社のなかには下記のような悪質な企業もあります。

コンプライアンスが欠如した会社かも

前の項目で登場した人事部の友人によると、不採用だった方々の履歴書などは本人宅に送付しデータも破棄するそうです。そうしない企業の場合は早々に自社で責任をもって破棄されるそうです。

再度連絡してくるということは自分の履歴書を残したまま、本人の了解なく個人情報を持ち続けているということです。違和感を覚えませんか?!それが何を示すのかというと、コンプライアンスが欠如した会社と言えます。

また「この子、不採用にしたけど、欠員ができたら声かけようぜ」「欠員ができたとき新しく採用試験をすると経費かかるしね」といった、自分たちに都合よく個人情報を保管している可能性もありますよ。

本人の了承も得ず個人情報を保管する企業体質ということは、他の面でもだらしがないはず、入社して残念に思うことが多いです。

離職率が高い会社かも

いまは転職することが当たり前になっているので離職率が高い企業について大して問題視されませんが、なかには恐ろしくブラック企業(ノルマが酷く高い・残業代を出さないのに強要・パワハラがあるなど)で、人材が定着しない会社もありますよ。見た目良さそうな企業でも蓋を開けたら超ブラックということはよくあります。

落とすことを悪いとは思っていない!裏切るかも?!

私も経験がありますが、転職者にとって1社1社本当に神経をすり減らし全力で試験に挑んでいますよね。だから一度落ちた会社から連絡があったら嬉しくなって入社できるものと思ってしまいます。しかし、その声がけは自分だけとは限りません。

より良い人材を確保するために、前回の不採用者から数名ピックアップし再度戦わせるつもりです。いわば敗者復活戦「もう一度チャンスを与えてやっている」と思っているかもしれませんよ。

だから「もう一度面接したい」と連絡があっても「内定」ではない、丁重にお断りするべきです。面接を受けに行ったのにやはり不採用だったら、その面接に割いた時間や交通費がもったいないです。

面接を受けに行くなら勇気をもって不審な点について質問する

一度落ちたのに再度採用試験に呼ばれた場合、内定に近いのはわかります。ただ、何かしらの不信感を抱いたまま入社するのはモヤモヤが残ると思いませんか?!もしも面接を受けに行かれるなら、気になることは勇気を出して質問してみてはいかがでしょう。

いちばんに聞きたいのは一度落ちた自分が面接に呼ばれた理由ですよね。

「新しい事業を急にすることになって人員が必要に・・・」や「内定していた人が辞退して・・・」など真摯に、または正直に答えてくれて好感が持てたなら入社を検討しても良いと思いますが、今度はこちらも選ぶ立場、次項について考えてから決断されてはいかがでしょうか。

少しでもネガティブな感情があるなら入社しない

入社後に下記のような仕打ちを受けるかもしれないと、ネガティブに考える方は入社を止めたほうが良いでしょう。

  • 自分は敗者復活戦で入ったから人よりもがんばらなくてはならない
  • 都合の良い人材として扱われるかもしれない
  • 下の下扱いされるかもしれない

社内の人に比べて自分はレアケースで入社できたから誰よりも働いて早く結果を出したい、認められたいなど、張り切りすぎたら心身が持ちません。このように考える時点で早々に潰れてしまうことが予想できるので、入社はおすすめしません。

「拾ってもらった」という気持ちや「下の下だと思われているかもしれない」「都合の良い人材として扱われるだろう」とはじめからネガティブな感情を持っていると誰も信用できず職場に馴染むことができません。1日の大半を職場で過ごすのに、自ら居づらい環境作っては人生楽しくないですよね。

私たちはどうしてもマウンティングしてしまう生き物、周りの人より立場が低いと感じると心を閉ざしてしまいます。はじめからそんな感情をもっているなら連絡を受けた時点で断るべきです。

なにより平等な土俵で仕事がしたいなら、一度ご縁がなかった会社から再度連絡があっても受けるべきではないのです。

より働きやすい環境に転職しよう

転職サイトを多くの方が利用していますが、そのなかにある転職エージェントで転職活動を受けるというサービスを利用されている方は少なく感じます。おそらく有料だと考えているのでしょう。

多くの転職サイトのエージェントサービスは無料で受けることができますよ。その仕組みは、エージェントサービスは登録企業から成功報酬を得ているから、より素敵な人材を紹介し、その方が内定・入社されたら報酬を得ているためエージェントたちは登録した転職希望者を全力でサポートします。

つまり個人で転職活動をするよりエージェント(転職のプロ)の指導を受けながら転職活動をしたほうが優良企業と出会えスムーズに内定を得ることができるのです。エージェントがサポートしてくれることはたくさんありますが、そのなかでも嬉しいのが下記です。

  • カウンセリングで自分のことを把握してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の指導
  • 面接のスケジュール調整
  • 報酬ほ交渉
  • 入社日の交渉

転職エージェントはプロなので、はじめに行うカウンセリングで自分では気づいていな良さや直すべき部分を把握し指導してくれます。また自分で作ったら「自分は超凄い」をアピールするだけの履歴書や職務経歴書や面接の応対を、より魅力的にカスタマイズしてくれるのも嬉しいです。

さらに、個人では交渉しづらい面接の日程や報酬なども代理で交渉してくれるし、入社日も調整してくれますよ。

お伝えしたように転職(就職)は結婚と同じようなもの、一度落ちた会社から連絡があっても丁重に断り、平等な土俵で堂々と仕事ができる会社に入社しましょう。より働きやすい職場を見つけたいなら一度転職エージェントに相談されてはいかがでしょう。気になられたら一度転職サイトを覗いてみてください。

-転職

Copyright© 転職ノート , 2020 All Rights Reserved.